視覚障害者あるある・日常生活編

さくっと「視覚障害者あるある・日常生活編」をあげてみます。
・夕飯に、うどんを作ろうとして乾麺を茹でたらば間違えてパスタの乾麺を茹でてしまって意気消沈。
・それに気づいた女房が「どきなさい」みたいな勢いでちゃっちゃっちゃっとサラダスパゲティを手早く作って、どや顔。←全盲の女房にはかないません。
・長雨が続いて、そこかしこに掛けた部屋干しの洗濯物と格闘。頭をひっかけたり、顔に生乾きのパンツが当たったり、干し物を落として意気消沈。
・取り込んだ洗濯ものを仕分けしていて、靴下の色違い、tシャツはどれも似ていて家族の誰のかわかりにくい。
・取り込んだ洗濯物と脱ぎ捨ててあった洋服がごっちゃになってしまい、一つ一つ匂いを嗅いでみる。
・鏡の中の私の顔はよく見えないけれど、お化粧もヘアードライヤーも鏡の前です。
・愛用のサングラスを探して部屋の中を右往左往。やっと見付かったと思ったら、さっきまで座っていたテーブルの上に置いてあって意気消沈。
・そのサングラスを探すのにテーブルの上を手探りして、湯飲みのお茶をひっくり返して意気消沈。
・ラジオ体操をしていた女房の横を通り抜けようとしたら振り上げた手が私の顔面にヒット!活力のこもったグーパンチきくぅぅぅ!
おいちゃんは、こんなことがあっても今日も明るく生きている。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR