青い瞳の義眼

この前、駅前を歩いていたら若い女性に声かけられたんよ。どうせ宗教かなんかだと思ったけど、暇だったから話聞いてやったらやっぱりそうだった。その人がいうには、信仰すれば僕の目が見えるようになる云々。僕はしばし話を聞いた後に、こう切り返した。
僕、あの、おじさんの目は両目とも義眼なの。
宗教女、モゴモゴ。
僕、それでも見えるようになるの?
宗教女、そっそれ無理。
て、どっかいっちゃった(苦笑)
失礼なやっちゃなと思ったけれど、しつこい奴よりかはましだわと思い帰宅した。そんで、その話を女房にしたら、僕が義眼を作った日のことで盛り上がった。
えと、色んな事情があって義眼にすることになったわけなんだけれど、どうせだから一度しかない人生、面白可笑しくやらなくちゃと、いっそのこと子供の頃に見ていたアニメ番組、キャンディキャンディのアンソニーみたく、青い瞳の義眼にしてもらおうと真剣に悩んだんよ(笑)
そしたら女房、豚の貯金箱みたいな顔になるぅぅぅぅって、お腹抱えて悶絶してた。結局なんやかんやあってやめたんだけれど、今でも時々、青い瞳の義眼にしとけばよかったと後悔することがあります(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR