白い杖の座頭一

凄い奴がいた。この話は、僕が盲学校の後頭部に在学していた頃、そいつと出会い、何かと騒ぎを起こしていた当時のエピソードだ。そいつは、相川(仮名)という男で、生まれつき目の見えない全盲で、僕のいっこ下の学年にいた。相川と仲良くなった切っ掛けは、校舎の廊下の角で、出会い頭にぶつかり大喧嘩になったことだ。相川はやたら体がでかくて、僕が飛ばされた。「てめえー、どこに目をつけてやがる」、僕が立ち上がり相川に詰め寄った。「目なんかついてねえよ。」、相川が切り返す。取っ組み合いの喧嘩になった。そしたら相川、つえーのなんの!殴っても蹴り上げても倒れない。それどころか僕の攻撃を交わして反撃してくる。僕が投げ飛ばされた。喧嘩は、騒ぎを聞いた教員等に止められたが、「おめー、つえーな」みたいな感じで仲良くなった。
相川の凄いところは、それからさらに知ることになった。相川は、よく放課後や休みになると点字ブロックも音響信号機もない、歩道もさほど整備されていない当時の繁華街を白杖一本で、一人歩き回った。とにかく感がよかった。外出先で白杖を折ってしまったことがある。そんなときも4Kmの道のりを足さぐり、手さぐりで歩いて。帰宅したというのだからおどろきだ。盲学校というところは、先天性の全盲や中途失明、弱視など色んな目の障害を抱えた生徒がいるところだ。そして当時の僕を含めて、たいがいの弱視は、暗闇とか、夜になると極端に視力が低下するものが大半だ。踊り疲れたディスコの帰り♪ 夜道を生まれつき目の見えない相川の肩につかまり歩き、助けられ助け合った青春時代が懐かしい。もう何十年も会ってないけれど、心優しい白杖のざとういちは元気にしているだろうか。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR