白い杖と黄色い杖の意味を知ってください

豪雪地に暮らす視覚障害者の知人から黄色い杖を見せてもらった。性格には触らせてもらったのだけれど。
実はあまり知られていないけれど、雪国では白杖は目立ちにくいので黄色い杖を使う人もいるのだそうです。(全員が使用しているわけではないです)
このことは僕も初めて聞いて驚きました。
今回は、そんなことから白杖の法律を復習してみたいと思う。
以下は某サイトからの引用です。
【道路交通法第14条第1項】(目が見えない者等の保護) 目が見えない者(目が見えない者に準ずる者を含む。以下同じ。)は、道路を通行するときは、政令で定めるつえを携え・・・・なければならない。
【道路交通法第14条第2項】( 〃 ) 目が見えない者以外の者(耳が聞こえない者及び政令で定める程度の身体の障害のある者を除く。)は、政令で定めるつえを携え、又は政令で定める用具を付けた犬を連れて道路を通行してはならない。
【道路交通法施行令第8条第1項】(目が見えない者、幼児等の保護) 法第14条第1項及び第2項の政令で定めるつえは、白色又は黄色のつえとする。
【道路交通法施行令第8条第4項】( 〃 ) 法第14条第2項の政令で定める程度の身体の障害は、道路の通行に著しい支障がある程度の肢体不自由、視覚障害、聴覚障害及び平衡機能障害とする。
【道路交通法施行令第8条第5項】( 〃 ) 法第14条第2項に規定する用具は、・・・・色彩がこれに類似する用具とする。
【道路交通法第71条第2項】(運転者の遵守事項) ・・・・目が見えない者が第14条第1項の規定に基づく政令で定めるつえを携え、・・・・耳が聞こえない若しくは同条第2項の規定に基づく政令で定める程度の身体に障害のある者が同項の規定に基づく政令で定めるつえを携えて・・・・通行しているときは、一時停止し、又は徐行して、その通行又は歩行を妨げないようにする。

これを要約しますと、 眼が見えない者とこれに準ずる者(視覚障害者のみです)は、道路を通行する時、政令で定める杖を携えなければならない。
「1」と耳の聞こえない者と政令に定める程度の身体障害者以外は、政令で定める杖を携えて通行してはならない。
政令で定める杖は、「白色又は黄色のつえ」である。
運転者は政令で定める杖を携えて通行している時は、「一時停止又は徐行してその通行を妨げてはならない」 となっているのです。
杖を持って良い人、いけない人、その色は何色、運転者はどうする、と言うことです。
 これでお分かりのように、視覚障害者として手帳を持っている者が白杖を持つと言うことは、道路交通法上で保護されているのです。
身の安全のために、恥ずかしがらないで白杖を持って歩きましょう。

 道路交通法も同施行令も昭和35年に制定されましたが、その時は、「白色」だけしか有りませんでした。
それが昭和46年に改訂された時に「黄色」が追加されたという経緯があるのです。
六法全書だけでは、改訂日は記載してありますが、「何処がどう変わったか?」までは分かりませんので、道路交通法の所管官庁である警察庁交通企画課警視と、「黄色い杖」の出所の厚生省大臣官房障害保健福祉部に問い合わせて正確を期しています。
 それでは、制定後20年近くも経って何故「黄色」を追加したのか? それはなかなか興味深いと思います。
 それは幾つかの事情があったのです。

厚生省で、盲人は道路交通法上、白色の杖で守られているのに、同じように歩行困難な他の身体障害者が守られないのはおかしい、と言って、昭和43年6月に時の園田厚生大臣のお声掛かりで検討が始まり、翌月それらの方々に「黄又は白」のラッカーを塗った「安全補助ステッキ」なる物を支給出来るようにしたのです。
昭和46年に法改定の時、厚生省から「1」のような事業をしているので、「黄色」も「白色」と同じ扱いにして欲しい、と要望があったのです。
「黄色」が入って来たのは、白より目立つ事、雪国では白は背景色である雪と同化して見えなくなるので「白色」以外の色指定の要望があった事等で「黄色」を追加したのだそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR