二刀流

日ハムの大谷選手、投げて打っての快刀乱麻の二刀流の活躍は本当に凄い。今回はそんな二刀流のお話です。
と言っても白杖の二刀流のお話なんですけれど・・・
白杖を突いて歩いていると様々なアクシデントに見回れます。自転車に白杖を当てて杖を折ってしまったり、混雑する駅構内などで行き交う人の足に白杖を引っかけて杖を折ってしまうケースが、けっこう多いんです。
白杖を折ってしまうと、僕たち目の不自由なもんはその場から動くことが思うようにできません。

そんな非常時の対処法として、僕はスペアの折りたたみの白杖を外出時の鞄に常備しています。
通常使用している僕の白杖は、障害物を早めに察知できるようにちょっと長めの杖なんですけど、
スペアの白杖はそれより長さの短い杖にしています。
それというのも人混みでは長い白杖は人の足に引っかけやすいこともあって、そうした場所に行くときには通常の杖とスペアの短い杖にチェンジします。
人混みを歩くときには本当に注意が必要です。人の足に引っかけないように白杖の振りを小さくしたり、杖を鉛筆のように持って立てるように突く工夫をしなければなりません。
そんなこともあって、スペアの白杖は僕にとって欠かせない必須アイテムというわけです。
だから、僕も二刀流。
町で白杖を折ってしまい、困っている視覚障害者を見かけたら
「何かお手伝いしましょうか」、そう声を掛けてもらえると助かります。
今日もそうした小さな親切に感謝です。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR