FC2ブログ

コンビニショートカット これ当て逃げやろ

このブログを古くから見てくれている人は、ご承知かと思いますが、僕が通勤の道で直面する音響信号機がない交差点(ローソン高崎新町店前)のことをこのブログを通して、お話ししてきました。
もう一度おさらいするとその交差点は、県道と二つの指導が交わった五叉路の交差点です。
もっとわかりやすくいうと群馬県の県道と藤岡市と高崎市の二つの指導が交わっている交差点です。
長い期間の工事を終えて、その交差点の一角に最近、コンビニができてさらに危険度が増しました。
つい最近のことです。交差点を左折する車が赤信号を避けてコンビニの駐車場を通り抜けていきました。
わかりやすくいうと赤信号を待てない車が車線左側にあるコンビニの駐車場に進入し、信号をショートカットしたわけです。
その車に歩道を歩いていた僕は、危うく引かれるところでした。
その車は、僕の白杖の先に車体の一部をこつんとぶつけ走り抜けていきました。
悪筆なドライバー以前に、目の見えない人がそんな場面に遭遇したときは恐怖を通り越した絶望感に襲われます。
最近の車は音も静かになりましたから事前に車の気配を察知して身構えることも難しくなりましたし、年並に僕の反射神経も衰えていますから。
加えてどんな車かわからないし、ナンバーもわかりません。
そんな危険なことがあったので再び警察と役所に電話してみたんです。
担当者の回答は、「音響信号機の設置を担当部署には要望してあるんですけどねー。もうしばらく待ってみてください」とか云々。
いつも答えは一緒です。音響信号機の設置を交渉してきた四年前から同じです。何一つかわっていません。
僕は、今日もその交差点へ白杖を向ける。
追記
そんな苦悩な日々ですが親切な人が時々信号を渡らせてくれることがあります。
通勤の様子を動画で撮影してみました
https://m.youtube.com/watch?v=Z1ib2UHE510

スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR