スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンデムとオッサンと日曜日

久しぶりに何の予定もなかった日曜日。春爛漫、朝から外はいい天気。
アルミの窓から差し込む柔らかな日差しを恨めしく感じる。
伴走者と予定が合わず走りにいけないのである。
こんなときに限って体調がすこぶるいいものだ。
部屋の中に閉じこもっていては男がすたると外へ出ることにした。
といっても白杖を携えてウォーキングをする気にもならない。花粉が恐ろしいからである。
伴走者と走ったとしても同じだろうに、この辺りが僕の都合のいいところだ。
タンデムってご存じだろうか。二人乗り自転車のことである。
冬の間シートをかぶっていたタンデムの洗車をすることにした。
シートをはぐとフレームは埃まみれである。
埃を拭き取ってからワックスをかけてやった。
乾いた布で、フレームやらタイヤのスポークをピッカピッカに磨き上げた。
綺麗になったところで、僕一人では、走らせることができないので、元の位置に戻してシートを掛けてやった。
ランニングもタンデムも伴走者の力を借りないとできないもどかしさにため息が出た。
がしかし、タンデムがあったから庭へも出る気持ちになったのだからよしとしよう。ありがたいことだ。
タンデムといえば、まだまだ認知度が低くこの地域での協力者は皆無に等しい。
タンデムの楽しさや魅力をどうみんなに伝えていこう。
どう協力者を募っていこうか、そんなことを改めて考えさせられた日曜日である。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。