コンドーム

最近、よく昔を懐かしむようになった。年を撮った証拠だと愛娘が笑う。
僕は強度の弱視で半生を過ごしてきた。
右目は0.2程度の視力、左目は義眼であった。
そんななりに苦労はしたが生活するには特には不自由はなかった。
ガキの頃は、片目のジャックだの義眼をネタによくからかわれたものだが、生まれつき目の見えない友人達よりは幸せなのだと、子供心に思っていた。
僕の見えていた片目は本当によく働いてくれた。
わずかばかりの視力だったが全盲の友人達には重宝された。
盲学校で学んでいた頃は、全盲の友人達の手を引いたものだ。
僕の肘につかまらせ校庭を走り回ったり、気になる異性の外見を伝えたり、一緒に買い物にも付き合った。
社会人になってからは、男友達を連れ立って、パチンコにも行けば女も買いに行った。
こんなことがあった。
後輩の男に彼女ができた。そいつもやはり全盲である。
コンドームを買いに行きたいとお願いされた。
生意気にもまだ高校生の頃だ。
近所に薬局があって僕らは暗くなってから連れ立って出かけた。
場末の薬局で通りには人通りはなく、店頭に設置されたコンドームの自動販売機の明かりが目立っていた。
誰かに見られてはと僕らはびくびくと自動販売機の前に立った。
奴から手渡された小銭が汗ばんでいたことを今でも覚えている。
小銭を入れる音がやけに大きかった。
僕は奴の指を誘導してボタンを自分で押させた。
ガチャン!という音が響いた。
小さな箱が出てくるだけなのに、こんなにも大きな音がするものかと肝を冷やしたものだ。
と、そんなとき!背後から甘い香水の香りがした。
それと動じに僕らは、ぶっとい腕に肩を抱かれた。
固まる僕らの耳元に聞こえた声は野太い中年男の声であった。
「仲良くしようよ」と、その男がいった。
腕を振りほどいてそいつから逃げようとしたけど凄い力だった。
どうやら僕らは、ホモと勘違いされたらしい。
男には、事情を説明して開放してもらったが思春期の僕らには恐怖であったことは言うまでもない。
ピンクレディーが歌った、ペッパー警部♪がお茶の間を賑わせていた古い頃の話で在る。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR