FC2ブログ

うっかりちゃっかり男

マラソン大会に遠征したときやランニング練習会に参加したときの話だ。
といっても記録云々とか感動じみた話ではない。
走るときは当然伴走者と一緒のわけだが着替えなど身の回りのことをするときは自分でやる。
目が見えないといってもできることは自分でやらなくちゃ。人間だもの。
たまにこんなことがある。
帰宅して荷物を開き、汗の染み込んだ衣類を洗濯かごに入れていたらジャージが二つ。
一つは確かに僕のものだ。
となるとまたやってしまった。
隣り合わせで着替えを一緒にしていた友人のジャージを持ち帰ってしまったことになる。
そのときにはしっかり洗濯をして持ち主に返すことができたが僕の手元に持ち主のわからない手袋やシャツがある。
ごったがえした陣地で平然と汚れ物をリックに詰めていく自分を想像すると気恥ずかしいものである。
僕に衣類を持ち替えられた友人たちは元気にしているだろうか。
高橋尚子さんが金メダルにかじりついた頃からの古い話であるが、そんなうっかりは未だに色んな場面で続いている。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR