FC2ブログ

あなたの一言が命を救います

重機の轟音が消えた交差点から警備員の姿が消えた。
一年近く続いていた例の交差点の工事が完了し、後には地形が変わり交通量が増した新たな五叉路が残された。
行政に幾度となく懇願した音響信号は結局のところ装備されなかった。
横断歩道の渡り位置を示す点字ブロックが義務的に設置されたが誘導ブロックとつながっておらず非常にわかりにくい。
古い環境ならまだしも新装された交差点でこれでは納得がいかない。
近未来の駅周辺整備計画が聞いてあきれる。
付け加えると五叉路の一角にコンビニの駐車場に出入りする入り口が二個所あるから七叉路というわけだ。
車社会であるこの地では便利になったと感じている住民が大半だろう。
言いたくはないが県の役人に目隠しをして一度歩いてみろといってやりたい。
人々は言う。
職場で送り迎えしてもらったらどうですか?
同行支援のヘルパーを利用した方がいいと。
すれば問題は解決することはわかっているが問題は、障害者が一人で外出しにくい環境を作り出している
健常者優位の町づくりにある。
健常者と同じように通勤し、目的地まで一人で行きたいという主張があってもいいと僕は思う。
交差点などで白杖の人を見かけたら信号が変わったことを教えてもらえるとありがたいです。
あなたの一言が命を救います。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR