スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視覚障害者あるある 再掲PART2

日常にありがちな視覚障害者あるある」をさくっと書いてみたいと思う。
・居間のテレビで野球観賞、アナウンサーと解説者が試合の流れと別段違う話をしている間に攻撃が終わってスリーアウトチェンジ・・・状況がわからず意気消沈。
・一緒に野球中継を観ていた息子が、うぉぉぉと絶叫!点が入ったのかと思ったら自分で飲んでいたジュースこぼしただけだった・・・紛らわしい。
・目の見えんもん同士の昼どきランチ、入った食堂で鉄火丼を注文、置かれたそれを面倒見がいい弱視のつれがあれこれみてくれたが食べたらソースが掛かっていて意気消沈・・・みんなショボン。
・いいよいいよ私の食べてと自分のと交換するつれ・・・弱視も大変である。
・ランチのお店選び、店頭のガラス越のサンプルに顔を近づけすぎてガラスに顔面強打・・・恥ずかしさと痛さで意気消沈。
・百貨店で洋服選び、値札の文字が小さすぎてサイズと値段が見えにくくて困惑・・・ルーペを使いたいがちょいと恥ずかしい。
・ラッシュ時の駅階段、間違えて人の流れに逆らうように階段を進んでしまい困惑・・・だけど仕方ないと、ドヤ顔。
・ホームの点字ブロックに沿って階段を探す、今日は人が少なく歩きやすいと思い歩いていたらホームの端に到達してしまい意気消沈・・・毎日が命がけである。
・みんなでカラオケ、画面の文字は見えないので誰かに横で読んでもらって歌う、歌い手と読み手の息のあった熱唱は実に素晴らしい!
・若い女性に間近で歌詞を読んでもらうちゃれんじぃさん、歌より女性の近さにドキドキして歌は上の空(笑)
・消灯すぎ、点字本を抱えてお布団の中で読書、お腹の上にちょこんと乗せてモソモソ。うごめく掛け布団を観て隣のお布団で寝ていた相方が・・・ちょ、アンタなにしてんの!と勘違い
・気がつくと点字本を抱えたまま寝入ってしまい目覚めると朝だった。
今日も僕らはこうして明るく生きている。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。