うれしい出来事

そのメールは古い記憶の走友から届きました。
15年ぶりの便りだった。
メールを開くと「近々そちらのマラソン大会に出るので貴方のクラブから伴走者を紹介してほしい」というものだった。
目標タイムはフルマラソンを四時間から四時間半で完走したいとのことだ。
僕はまずうちのクラブにそんな速い人の伴走を引き受けてくれる人がいるかなと困惑した。
地方の田舎伴走クラブでは伴走者の数は決して多くはないのである。
四時間というタイムに対応できる伴走者には数名の心当たりはあるにはあるが彼らにも都合がある。
予定があって断られたらアウトである。
他の伴走クラブに呼びかけようかなとも思ったが地元で対応しなくちゃと強く感じた。
僕は独断でひとりのメンバーさんに伴走依頼の話をしてみました。
そうしたところその人がひとつ返事で引き受けてくれたのです。
僕は群馬県の伴走事情もやっとここまできたかと胸が熱くなった。
と同時に自分たちで立ち上げた伴走クラブを誇らしく感じたのです。
ある視覚障害者ランナーが見知らぬ地でのランニング大会に出るために伴走者を探している。
古い記憶にあった僕を頼ってメールをしてみた。
そんな伴走依頼に応じられる伴走環境がある、素晴らしいことではないだろうか。
これまで僕も県外の伴走仲間に何度ともなく助けられた。
自分に置き換えてみても喜んでいいと思う。
今回の話は僕一人ではできないこと。
創立当初から色んな人たちがクラブの活動に携わり地道な活動を続けている結果だ。
クラブの仲間に感謝したい。
自分たちの活動に限らず全国の伴走仲間との交流を推奨してきた僕の熱き思いが実を結んだのだ。
これからもランモードの活動を主とし、全国の伴走仲間と交流を続けていきたい。自分が今、体調を崩して走れない時期だから今回のことはなおさらうれしい。
まだまだかき足らないけど体調がすぐれないのでここまでにしとく。
話を聞いてくれてありがとう。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR