スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走り始めた原点を振り返る

よく爺さんのマラソンを始めた切っ掛けはどんなことからでしたかって聞かれるんだけど、それはこんなことからだった。
話は25年くらい遡ります。その頃の僕はまだ弱視で私生活に差し障りのない視力がありました。
一眼レフの大きなカメラを抱えて自然や鉄道写真を撮影したり自転車にも乗ってた。
子供達の保育園の送り迎えをしたり休日には、家族の目となり父としてよく遊園地なんかに出かけたものだ。
その晩、僕は居間のテレビを何の気なしに観てた。
ブラウン管には目の不自由な母親を伴走する娘の姿が映ってた。
番組は、その親子がサロマ湖100kmウルトラマラソンに挑み完走するまでのドキュメントだった。
僕は、それを見た瞬間に、へーこんな世界があるんだと魅せられてしまった。
視覚障害者でもマラソンを走れるんだということと100kmを完走してみたいという思いが芽生えたのであった。
とはいってもその頃の群馬には当然、伴走サークルなどはないし、僕にはその筋の人脈などもない。
学生時代に陸上をやっていた僕は取り合えず走ってみることにした。
当時流行っていたエアーマックスとウエアを買ってまずは形から入った。
ところがどうよ、数年ぶりに走った僕は1kmも走れなかった。
それではいかんとその日からコツコツとランニングが僕の日課になった。
しかし、弱視の僕が一人で田舎道を走るわけだからそれなりの危険を伴うことになる。
犬のウンコを踏むくらいならいいけど、ダンプカーに引かれそうになったりもした。
それではいかんと、あの番組で見たような伴走者を探すことにした。
ところが前に述べたように身近には伴走環境などはない。
どうしたかと言えば習いたてのパソコンを使ってインターネットで検索してみた。
そこでたどり着いたのがJBMA・日本盲人マラソン協会のページだった。
そして、その情報から代々木公園で協会が練習会を開いていることを知りそこを訪ねたのが僕の原点です。
そこで出会ったもの助けられたもの感動した環境を群馬にも作ろうと思ったわけです。
僕が走ろうとして困ったのだから必ずいつか群馬でも伴走を必要とする視覚障害者がいるに違いない。
または、伴走をしてみたいという健常者もいるかも知れない。
そんな思いからまだ見ぬ仲間のため、地方の伴走の充実のために、ここ群馬に伴走サークルを立ち上げる決意を固めたのであった。
お茶の間のテレビをローラースケートを履いたジャニーズが賑わせていた頃の古い話である。
次回は、ランモード群馬の結成当時のことを書いてみたいと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。