スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父とナイター中継

父が他界して二度目のお盆、この日は身内で姉の家に集まって夕方からバーベキューをした。広い芝生の庭のある大きな家だ。義兄と甥っ子達が炭をおこし、肉や野菜を焼き、振る舞ってくれた。僕はそんな持て成しにすっかり甘えてテーブルで母達と父が生きていた頃の思い出話をしていた。
決まって出る話がある。仕事人間だった父の楽しみは大好きな酒をチビチビ飲みながらナイター中継に一喜一憂しながらの晩酌であった。そんな父に酒のつまみを作る母、観たいテレビ漫画を我慢する僕ら姉弟、懐かしい思い出だ。
バーベキューがお開きになってから僕は一人、仏壇の部屋に移動して、昔、父とそうしたようにエイのひれをあてに冷酒をチビチビ飲みながらラジオのナイター中継を聴いた。巨人が負けるとふてくされ、巨人が勝てばごきげんだった父の思い出にしたっていると・・・
ふすまがスルりと開いて母が、どっちが勝っているの?と聞く。
僕は仏壇に向かって、いい晩だな、親父、と言った。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。