乗車拒否!ちょっと疲れた師走

ちょいと更新が届こうってしまった。急がしぶっているわけでもなく、ネタがなかったわけでもないんだけど、何となく記事にするのには気が重かったわけ。
ちょいと何日か前にタクシーのことで嫌なことが立て続けにあったり、例の通勤途中の交差点のことで気が滅入ってしまった。この年になっても落ち込むこともあるんです。
まず最初に盲導犬を連れた友人と一緒に乗車しようとしたタクシーから乗車拒否を受けました。
話は校です。繁華街で客待ちのタクシーに僕と盲導犬連れの友人が乗り込もうとしたら、車内から「犬は勘弁してよ」と運転手さんの声。
僕が盲導犬であることを運転手さんに説明しようとしたらドアがパタリと閉じてタクシーは走り去りました。
通報しようにもタクシー会社の名前もわからないし、盲導犬への理解の厳しさを痛感した。
そんなことがあった数日後、僕の家の来客(全盲)が帰ることになりタクシーを呼びました。
その際に電話で客は視覚障害者であることは伝えたんだけど、迎えにきた運転手さん、白杖を見ても玄関先からタクシーに案内するわけでもなく自分はさっさと運転席に乗り込んでしまったんです。見かねた僕は友人をエンジンの音を頼りにタクシーの近くまで誘導したんだけど、運転手さんからは、「こちらですよ」の声もないんです。
車体をさわり開いているドアを探しました。「お願いします」と言っても返事もない!まれにみる無愛想で不親切な運転手に当たってしまったわけです。
今回は、会社もわかっているのでしっかり苦情を言ってやりましたけど。

最後は、朝の通勤で渡る例の交差点、もう限界です。工事の重機の音が鳴り響いて車の気配がまったくわかりません。
田舎ゆえに横断歩道を渡る僕に声を掛けてくれる通行人はめったにいない。
「工事が早く終わってくれないかな」ただただ僕は、それだけを願う。
木枯らしが心に冷たく突き刺さる師走である。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR