スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人にしないでよ

最近ちょっと忘れっぽくなった。食後の薬は飲んだんだっけ?とかは日常的、一度言われたことを忘れて同じことを聞き返して女房に指摘されたり(笑)
極めつけは、伴走者と約束した練習日を忘れたこともあった。この時は勘違いもあったんだけれど、オラ、若年性認知症の前触れかと思ったよ。反省しきり気をつけたいものである。
そんな僕だけど忘れられてしまうこともある。障害者なら一度や二度は経験があると思うが、友人やガイドに置き去りにされてしまったことがある。
どういったケースかといえば、マラソン大会のゴール五の広場にぽつんと一人放置されたり、バーベキューの輪から外れたシートに座らされ蚊帳の外なんてことがあった。
その時、伴走者は顔見知りのランナーとの雑談に夢中だった。悪気はないのはよくわかってる。でもそうした状況はとてつもなく不安だし情けない気持ちでいる。
声を上げろよと思う人もいるだろうけど、周りに知り合いらしい人物の気配がなかったり、疎外感が先立って、こうした時は声が出ないもんなんです。
僕らは弱者でお世話をしてもらう立場だ。だからこうした記事は書きにくい。しかし、僕のような体験をしている障害者は驚くほどいる。
だから誰かがこうして声を上げなければならないと思ったから記事にしてみた。

詳細に書くと「何様」になるので最後は、こう締めくくりたい。
何かの集まりなどで、ぽつんと一人いる障害者を見かけたら声を掛けてあげてください。障害者を長い時間一人にしないでください。それじゃなまたなと手を振るまで笑顔でいられることを願い、この記事を終わります。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。