スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反射タスキと白杖の叔父さん

秋の深まりとともに朝夕の日も詰まってきましたねー、職場の玄関を出る頃には外はもう真っ暗です。そんな季節の変動を心配して友人が反射テープ付きの襷と腕章を僕にくれました。通勤途中の片側一車線の県道には補導がありません。そのためコンクリートの狭い溝板の上を歩くことになります。僕の脇を車がすれすれに走ります。道路との境はありませんから白杖で溝板と路面を叩いた音と形状の変化を確認しながら歩きます。靴は地面の感覚が足裏に伝わる履き慣れたシューズを履いてます。万が一、溝板を外れて車道にはみ出たら命を落としかねないので集中力は欠かせません。
自己に見舞われぬように神経を集中させてはいますが、これからの季節は帰宅時ともなると真っ暗ですから、反射テープ付きの襷などが必要だということで友人が僕を心配して届けてくれたわけです。友人には本当に感謝だよ。
後はもう運に任せるしかないです。僕も車を運転するドライバーさんにご迷惑をかけぬよう努力してはいるけれど、内心は怖いですよ。白杖を握る手には汗が滲みます。
ニュースなんかでも交通事故が後を絶たないでしょ。運転中のわき見運転だけはやめてくださいよ。僕はまだ死ぬわけにはいかないんだ。健常者の皆様も夜間歩行には気をつけて下さいませ。歩行者もドライバーも不幸にならぬよう本当に本当に安全対策には十分に配慮したいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。