日航機墜落事件・・・この日を忘れない

1985年に520名の乗客乗務員が亡くなった日航機墜落事件から今日、12日で29年になる。僕はこの日この事を網膜剥離を発症した眼科病棟のベッドの枕元のラジオのニュースで耳にした。
明日、手術という晩だ。大変な事が起きたものだと驚くも自分の眼が失明するかしないかの不安と手術の緊張で事故の重大さを考えられなかった、不謹慎だがその時はそうであった。
ベッドの横で、結婚間もない女房が同じラジオを聴いていた。そのとき女房のお腹には長男がいて夫婦はこれからの生活を考えて不安のどん底にいた。
幸い手術は成功して眼帯が外れてしばらくして、事故の映像をテレビで眼にして事故の悲惨さと悲しみを感じた。
事故から半年が経った頃だった。中坊のときから文通をしていた相手から手紙が届いた。中はそいつの母親からの手紙で相手が飛行機に乗っていて亡くなったことが書いてあった。
「今まで娘と仲良くしてくれて有り難うございました。いつまでも娘のこと娘の文字を忘れないで」そう締めくくってあった。手紙だけで一度も会ったことなかった子だけど、こんな絆を引き裂き、何の罪もない520名の命を奪ったこの事件は許せない。
犠牲になった皆様のご冥福をお祈りして、合掌
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR