FC2ブログ

無理を承知で

目の見えない僕は、どんなことをしても健常者にはかなわないことだらけである。
SNSもその1つだ。
こうしたテキストを入力するにも漢字変換ミスによる誤字は避けられない。
TwitterやFacebookに写真をアップロードする作業は、特に全盲の僕にはハードルが高い。
1つの記事に添付したい写真をアプリを使って選択するのだが、これはきつい。
最近は、選択した写真の説明をしてくれるアプリもあるが鮮明とはいえない。
そこで活躍するのが健常者の娘である。
単純な作業とはいえ毎回ともなると頼みにくくなるのも常である。
頼まれる側の娘もたまったものではないだろうし(笑)
次に添付した写真一つ一つに簡単な説明を入れていく作業も全盲の僕にはできない。
これもまた娘を頼っていたが面倒なので、最近はあきらめている。だけど僕は、これが自分でできないことが悔しくてたまらない。
だが5年前に無理を承知で始めたSNSを通して沢山の友達と交流できるようになった。
僕の記事の見栄えは到底、健常者にはかなわないが、つたない僕の記事に皆がつき合ってくれている、。
そんなことに感化された僕は、ランモードの仲間の間にSNSを広めたくなった。
とはいっても周囲を見渡してもTwitterやFacebookをやっている人はごくわずかであった。
そこで、閉鎖状態のチームのhome pageの代用で、チームのFacebookページを始めてみた。
最初は、意味がないとかいわれ誰にも相手にされなかった。
でも根気よく続けていると、以前からSNSをやっていた人と、新たにSNSを 始めた人が協力してくれるようになった。
こんなことが切っ掛けかどうかはわからないがランモードのSNSの絆ができたことが嬉しい。
そして意味がないとか陰口をいわれていたチームのFacebookページを通して嬉しいことがあった。
この週末に開催するランモードの伴走講習会に参加の申し込みが複数あったのだ。
僕のやっていたことは無駄ではなかったんだなと涙があふれてきた。本当に嬉しい。
まだまだ理解されていない部分もあるが、これからもSNSを利用してランモードの活動を広めていきたい。
最後に誤解がないように付け加えておく。
僕は、ランモードの代表ではない。仲間の活動を多くの人に知って欲しいと願う、単なるお節介ジジイなのだ。
主役主導は、小林会長を初めとするメンバー達であることを伝えこの記事を終わりにします。
そして僕は、無理を承知で自分の思いの丈をつぶやいている。
スポンサーサイト



プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR