FC2ブログ

待ち合わせ

地方では割と大きなターミナル駅の改札口。その日、僕は、友人と待ち合わせをしていたのであった。
弱視の友人Aが僕を見付けて声を掛けてくれることになっていた、。僕は、Aに言われた通りに改札を出た正面の壁に背中をもたれて立っていた。
平日といえども沢山の人が行き交っている。
僕と同じように待ち合わせをしている人も大勢いるようだ。
待たせてごめんとか、よっ、久し振りなどと会話を交わした若者達が入れ替わり立ち去っていく。
15分経過。どうしたものか僕の待ち人Aはこない。
これだけ大勢の人でごった返した改札前、Aが僕を見付けられないのかと思った。
そこで僕は、視覚障害者の待ち合わせの定番、白杖の先をカチカチ鳴らす私は、ここアピールをしてみた(笑)
カチカチカチカチ。地面に杖の先を軽く打ち付けて音を立てる。
ところが行き交う人のハイヒールの音や構内アナウンスや人々の雑踏に掻き消されて、さほど効力もなさそうだ。
20分経過。こうなったら視力の弱いAが少しでも見付けやすいように阪神タイガースの帽子をかぶって俺アピールをすることにした。
恥ずかしいではないか、早く来てくれーと念じていると僕のスマホが震えた。
画面を指でスーッとやって出てみるとAだった。
「お前、今どこよ」。その声が耳に当てたスマホと僕の真横で聞こえた(笑)
弱視のA、どんだけ見えているのよ(笑)
僕らは、お前、どれくらい待っていたんだ。俺もその頃からいたよみたいな会話をしながら二人で爆笑した(笑)
落ちは?その日、僕は、阪神タイガースの帽子をかぶっていたことをすっかり忘れて帰宅するまでかぶっていた。
百貨店での買い物時も居酒屋でも電車の中でも(笑)
その晩は、タイガースが巨人に快勝したから、まいいか。終わりよければすべてよしである。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR