スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交差点戦争

拡張工事とコンビニの建設が進む通勤途中の交差点の続きである。
何も不幸自慢をしているわけではない。
日常で全盲の僕が危険だなと感じた思いを書き記しているだけである。
そして僕のように町の不自由を感じている障害者は五万といるはずだ。
中には、「逐次、そんなこと気にしていられる会」と寡黙で前向きな障害者もいることも事実だ。
世間はそうした人を「えらいねー」と評価する。
僕もそうした姿勢は見上げたものだと思うが別段えらいとは思わない。
誰かが伝えなければならないことを僕はブログに書き記しているのである。

古くから当人の素直な心の動きを綴ったものを日記といって、それを公開したものをブログというんです。
さて、前置きが長くなったけれど、工事中の交差点をわざわざ通らなくても回り道をすればいいだろうにという感想をいただいた。
確かにそれができたら苦労せずにすむのであるが、できないから苦労しているわけである。
真っ直ぐな県道を回り道するには1km先の横断歩道まで行き歩道のない県道を戻ることになる。
ひとつの手だてがある。
それは横断歩道のない場所を横切ることだ。
強行できないこともないだろうけれど、白杖のジジイを引いた車の運転手さんが気の毒であるし、僕もそんなとこで死にたくない。

そんなわけで僕の中の交差点戦争は続いている。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。