スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今に見ていろ20年後 タンデムが走る世界

リオパラリンピックが開催されたことで障害スポーツへの関心度も高まってきている。
開催以降、うちの伴走サークルにもHPを見て伴走をしてみたいという人が増えた。
視覚に障害がある人からも走ってみたいという入会の動きもある。
そうしたことはマスメディアを通したリオパラリンピック効果ではないだろうか。
伴走をしてみたい、走ってみたいと思った人がいてそこに希望を叶える伴走サークルが各地にある、素晴らしいことではないだろうか。
しかし、タンデムの関心度は皆無に等しい。
うちの伴走サークルにも4台のタンデムがあるがパイロットがいない。
これは言い換えれば障害者がマラソンを走ってみたいけど伴走者がいないのと同じである。
それはまさしく20年前に(^-^)人(^-^)4人でこの地にランモード群馬を立ち上げた当時と同じだ。
伴走者がいなければ、視覚障害者が参加できる大会もないに等しかった当時そのままである。
ちょいと年をとってしまったけれど、僕に20年前と同じ野望がメラメラと沸いてきた。
今から20年後、視覚障害者を乗せたタンデムが当たり前のように走っている環境を残したい。
タンデムに乗ってみたい、パイロットをやってみたい人が必ず現れるはずである。そう、今の伴走のように。
タンデムの魅力をどう伝えていこうか。どう協力者を募るか思案中であるが必ずや!といった強い思いがある。
ランモード群馬のタンデム同好会、6名、そして僕の挑戦は、今始まったばかりだ。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。