全盲の私あるある。生活編

さくっと全盲の私あるある。・キッチンでお料理。コンロにお鍋が二つ乗っている。。。
一つは料理中のお鍋で、もう一つは残り物のお味噌汁が入ったままの使っていないお鍋。
そのお鍋に包丁で切ったばかりのお肉を間違えて入れてしまい意気消沈。ちゃんとふたをしておけばよかったわぁ。
。牛乳が入ったマグカップにお茶を注いでしまったようで飲んだら不思議な味になったった。
・今度は牛乳の入ったマグカップに間違えてオレンジジュースを注いでしまった。ヨーグルトみたいなドロッとした怪しい味の飲み物になったった。
・お茶碗にお茶を注いでいるとテーブルの上が水浸し。裏返しのお茶碗にお茶を注いだことに気づいて意気消沈。
・デスクでお仕事。書類を手探りで整理していたら湯飲み茶碗をひっくり返してしまい意気消沈。大事な書類が台無しになったった。
・朝の洗面台。洗顔クリームと歯磨き粉を間違えて顔に擦り込んでしまった。しかも念入りに擦り込んで意気消沈。
・出勤前の玄関先、白杖を置き忘れて右往左往。腰をかがめた瞬間に下駄箱の角に頭をぶつけて悶絶。
・やっと見付かった白杖は家族の誰かの杖。時間がないので借りることにした。
・長さの違う白杖は歩きにくい。障害物に気づくのが遅れて道路標識のポールにぶつかった。たんこぶができた。
・職場に着いたら同僚にずいぶん派手なシャツを着ているねーと指摘され気づいた。間違えて息子のど派手なシャツを着てしまった。
・一日の終わり。お風呂で入浴タイム。
湯船にバブを放り込んだら何やら怪しい香り。
バブと間違えて卵スープの素を放り込んでしまったようだ。
・その香ばしい匂いにうながされお風呂でビール飲みたくなったった。
こんなことがあっても私は明るく生きている。
スポンサーサイト
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR