伝えることの難しさ

最近、情報の伝えかたに戸惑っている。どんなことかというと、視覚障害者が日常で直面する困難や手助けしてほしいこととか、視覚障害者ランナーの伴走についてのことだったりする。
伝えかたによっては、日常の困難も「わがまま」といわれてしまう。手助けしてほしいといえば、「甘えている」と誤解される。
伴走はこうしてほしいと主張すれば、「偉そうに」と思われることがあるらしい。
僕は、先天性の弱視で自分のできる範囲で全盲の友人の手助けもしてきたし、全盲の友人にも助けられ色んなことを教えてもらった。
そうした人生経験を踏まえて、弱視だった頃から様々なことを発言してきた。
しかし、僕が全盲になった今、当時と同じことを発言してもなぜか反応が以前とは違うのだ。
このブログでつづってきたことは事実だし、視覚障害者の世界からみたらほんのちょっとの出来事にしかすぎない。
僕が日常で努力していることなんて微々たるものだ。僕や僕の家族なんかより苦境にある人々もいるだろう。
でも障害者が家の玄関を出て、町や駅で直面する困難や危険は共通することになる。
このブログでもお話したけれど、僕の女房は全盲で、息子は弱視だ。
生まれてくる子供は親を選べない。息子が健常者の親のところに、健常者として生まれたならばもっと沢山の幸せがあったに違いない。
そんな息子がいうんですよ。「俺はこの両親の息子でよかった」って。
どんな親だって障害があるないに関わらず可愛い子供が暮らしやすく住みよい将来を願うのは当然でしょう。
僕と同じ困難をしいられている仲間がいれば何とかしなくちゃと思うのは当然でしょうよ。
駅ホーム転落事故は、いったいどれくらいの人柱が立てば、視覚障害者が安心して電車に乗れるようになるんでしょうね。
「声がけをお願いします」とはいうけれど、それは一つの手だてで、僕らも駅や街を安全に歩くための歩行訓練をしたり、白杖を使う技術の見直しをしているんです。
これはあまり言いたくはないんだけれど、弱視だった僕は、ある朝、目を覚ますと目の前が真っ暗でした。
前の日まで見えていた家族の顔も自分の指の本数も窓からの光も一晩にして見えなくなってしまいました。
一時は精神を病んでしまったけれど、生まれつきの全盲の苦労や様々な障害を抱えた人たちの苦労や努力に、僕も負けていられないと己を奮い立たせました。
健常者の中には「お互い様」とはいうけれど、障碍者が自己主張をすると離れていく人たちもいます。
それはそれで僕の人間性に問題があるのかも知れませんが、何か違うような気がします。
「感謝」ですか?忘れたことはないですよ。少なくとも僕の周りの障害者は健常者の皆様の善意にサポートに感謝しています。
僕は、失明した今、つくづく思っています。「その人の立場になって物事を考える」ことの大切さを痛感している。
そして、人の痛みがわかる人でありたいです。今の日本が忘れかけている「思いやり」があふれる世の中になってほしいですね。
僕は、ちょっと疲れました。しばらくブログをお休みします。つたない記事に耳を傾けてくださり本当にありがとうございました。
視覚障害者の皆様、駅ホームや交差点で死んだらだめですよ。勘違いや油断が禁物だよ。
健常者の皆さま、白杖の人に声を掛けてあっさり断られても気を悪くしないで下さい。
その人がたまたま手助けを必要としていなかっただけのことで、貴方が声を掛けてくださったことで、「気をつけよう」という気持ちになり、見守っていてくれている人がいるんだなと、その白杖の人はほっとしているはずです。
同じ大空の下からみんなの幸せを心から祈っているからね。ちゃれんじぃ
スポンサーサイト

役所に行ってきました

役所の建築課に点字ブロック設置と改善のお願いに行ってきました。数年ぶりに訪ねた窓口での応対は以前に比べ好印象でした。
物腰のやわらかな中年の女性職員さんが応対してくれた。
どんなお願いをしてきたかといえば、30年前と同じことを伝えました。
実は、僕の街の最寄り駅ロータリーに設置されている点字ブロックは劣化して、ブロックの凹凸がわかりずらいのです。
加えて歩道のタイルの色と点字ブロックの色が同色で弱視にはわかりずらいのだそうです。
まずは、そうしたことの不具合を伝えてから次ぎは、駅の南側ロータリーには点字ブロックがないことを伝えました。たった二つ、それだけのことを伝えたのです。
担当者からは、数年後に駅舎の建て替えの計画が決まっていることと駅周辺の整備事業が決まっている云々の説明がありました。
はいはい。説明を受けた僕もそのことはよーく存じております。計画が実行されれば不具合は改善されることは。
今回、そうしたことは口にはしませんでしたが何度となく聞いた回答と何度頭を下げたかわからないけど、近未来の充実を願い役所を後にしました。
さて、ここでは行政にとやかくいうつもりはないけれど、30年もの間、不自由を余儀なくされている目の不自由な仲間の思いと日々の努力を誰かに聞いてほしくてスマホを叩いています。
地面と同化した点字ブロックは健常者にも気付きにくいようで点字ブロックをふさぐように談笑をする人々、迎えの車を待つ人々、荷物や自転車を置く光景が当たり前のようにあります。
そうした群衆に何度となく頭を下げて道を空けてもらい、ときにはぶつかって舌打ちをされ怒鳴られて、悪い子としていないのに謝って。
柱にぶつかっていくつもサングラスを割って、おでこにタンコブを作って、跨線橋の下に迷い込んで階段の傾斜に頭をぶつけて流血!大怪我をした仲間もいる。
点字ブロックのないところ、わかりにくい場所では、曲がり角から角までの自分の歩数を覚えていて、歩数を数え歩くのです。
僕の言っていることはわがままなんですか?それとも不幸自慢にしか聞こえないですか?最近、自分でもよくわからなくなります。
この町の環境にある程度馴れている僕らはいいですよ。これからこの町に移り住む視覚障害者、たまに駅を利用する白杖の人が戸惑わないような環境をひたすら待ち望んでいるだけなのです。しかし、今、こうして待っている時間はとてつも長く感じますし、これまでの行政とのやりとりを振り返ると切ないです。
つい先日、ホームドアの接地が将来的に決まっていたJR蕨駅で視覚障害者がホームから転落する痛ましい自己がまたも起きてしまいました。
蕨市はこの自己をうけてJRにホームドア設置の前倒しを要求したそうです。いつもそうですね、誰かが犠牲になってからやっと周囲が動き出すんですよ。
当事者が声を上げることが僕は大切だと自負していますが、その主張が単なるわがままに思われることが一番辛いです。
僕だけではないです。声を上げる上げないに関わらず障害者はみんな声にならない努力をしているんです。一人で生きているんじゃないってこともわかっているから誰かに何とかしてほしいし、助けてほしいから声を上げるんです。
最後に、環境が整わない公共の場所では、周囲の人々からの見守りと声がけが一番助かります。
町や駅、交差点で不安そうにしている、危険だなと感じた白杖の人を見かけたら声がけをお願いします。
ここまで読んで下さりありがとうございました。
周囲の人々からの声がけ、見守りに感謝を伝えこの記事を終わります。

さよなら 無人駅とカール叔父さん

野鳥のさえずりを誘導ベルの音と勘違いしてしまうような田舎の無人駅に降り立った僕の耳に、線路向こうから突然、オッサンの大きな声が飛び込んできた。
出口はそっちじゃないよ。もっと左。行き過ぎ。そこそこ。と、誰もいないホームの僕をちょいと離れたところから声で誘導してくれたオッサンの話の続きです。
オッサンは、その次の日も、またその次の日も僕が電車を降りると線路向こうから大きな声で誘導してくれた。
そんな光景が何日か続いて、ある日からオッサンの声がしなくなった。
その頃になると僕も白杖を頼りに出札口を抜けられるようになってた。
その朝、木造の小さな駅舎の外に出ると誰かに肩をぽんと叩かれた。
「だいぶ上手になったじゃないか」、オッサンだった。
僕らはどちらからでもなく握手をしてた。オッサンの手はごつくて、堅くて、グローブのようだった。
聞けばオッサンは、線路向こうの畑でブロッコリーなどの野菜を作っている人だった。
その日から僕らは電車待ちの時間にホームのベンチで話しをしたり、線路越しに挨拶をした。
僕は目が見えないのでいつもオッサンから気さくに声を掛けてくれたのは言うまでもないけれど。
僕が前の職場を辞める日の夕方もオッサンは駅にきてくれた。
いつも麦わら帽子をかぶってたオッサン。首にタオルを巻いてたオッサン。カール叔父さんみたいに陽気なオッサン。
僕は、ブロッコリーを食べるとオッサンのことを思い出す。このブロッコリーは、オッサンが作ったものかもって思う。
おわり

無人駅とカール叔父さん 2

以前に勤務していた職場がある無人駅のホームに、最初に降り立った僕は固まってしまった。
降車したディーゼルカーのエンジンの音のその大きさで情景や人の気配がまったくわからないのだった。
足元にあるはずの点字ブロックがない。出札口の方向もわからないし、僕は電車をやりすごしてから行動を考えることにした。
一両編成のディーゼルカーが気動車どくとくの大きなエンジンの音を轟かせ動き出した。
その音が遠く消えていくのを僕は、呆然と見送った。後には脂気を含んだ臭いが残った。
さて、どうしよう。僕は、大きく息を一度した。「何方かいませんか」、不安な気持ちを声にしてみたけど、周囲からは返事はなかった。
誰が決めたんだか、白杖のSOSサインなんざ、こんな田舎では通用するわけもなく、僕は意気消沈しかけた。
ただお地蔵様みたく突っ立っていてもしょうがない。僕は行動を起こすことにした。
電車は一時間に一本来るか来ないか、ホームから落ちたところで死ぬことはないだろう。僕の冒険心に火がついた。
ぴよぴよ、ぴよぴよ♪ やった!誘導ベルの音だ。助かったぞ。
僕は、白杖をその誘導ベルの音の方向に向けた。そして一歩一歩、摺り足で動いてみた。
「そっちじゃないよ」、突然線路の向こう側から大きな声がした。田舎なまりのある男の声だ。
男は続けた。「回れ右。そのまま前に進む」。
何だこのオッサンはと僕は瞬時に感じたのでこう聞き返した。
「出口はそっちなんですか?」、僕はオッサンに同じような声の大きさで返した。
「うんだ。いいから真っすぐ前へ進め」、オッサンが指示してきた。
僕は、誘導ベルの音が気掛かりだったけど、ここはオッサンに従うことにした。
白杖でホームのへりをなぞりながら僕は、オッサンに言われた方向へおっかなびっくり歩を進めた。
「よし、そこだ。左向いて。そのまま真っすぐ。行き過ぎ。そこそこ」、みたいな感じにオッサンの声の誘導で僕は、無事に無人の出札口にたどり着くことができたのであった。
僕は、オッサンに、「ありがとう」と大きな声でお礼を言った。
「おー、気をつけていけやー」と、オッサンが僕の声に負けない大きな声で返してきた。
次回へ続く。

続きを読む»

無人駅とカール叔父さん その1

ちょいと古いお話しです。前の職場に通勤していた頃のほのぼのとしたいいお話。
その頃、僕はディーゼルカーが走るローカル線に乗って通勤してたんだ。職場のある無人駅はいつもひっそりとしてた。
木造の小さな駅舎には、細い鉄枠の改札口がひとつあって、下車する時に切符を入れる箱がその脇に置いてあった。
ホームの幅は3メートルあるかないかで凹凸のすり減った名ばかりの点字ブロックがレトロ感を醸し出してた。
一時間に一本程度しかない電車をホーム脇の木製のベンチに腰掛けて待ったものだ。
その頃の僕は、精神的に弱ってた時期で、そのベンチに腰掛けてよく物思いに耽ったものだ。
景色の見えない僕の聴覚や臭覚に田舎のほのぼのとした情景が飛び込んでくる。
耳をすまさねども野鳥のさえずりが聞こえてた。農作業のテーラーの機械音なんかも聞こえてた。
風に乗って堆肥の匂いがしてきたり、天気のいい日などは頭の上に降り注ぐ日差しが心地よかった。
僕はそんな情景を感じながら電車を待つ時間が好きだった。
初めてその駅に降りた日のことだ。僕は、ディーゼルカーのステップを降りて固まってしまった。
次回へ続く

視覚障害者<町で出会った嬉しかったことあれこれ

さくっと視覚障害者が町で出会った嬉しかった親切。
・信号待ちの交差点で不安そうにしていたら、「まだ、赤ですよ。青になったら一緒に渡りましょう」と居合わせた人に声をかけられ横断歩道を渡ることができた。
・スーパーマーケットで目当てのものを探して右往左往。同じ通路を行ったりきたりしていたら「お困りですか?お手伝いしましょうか」と買い物途中の人に声をかけていただき品物の場所を教えてもらった。
・自動販売機の前で小銭を落としてしまい、地べたに手のひらを這わせていたら落とした小銭を拾い集めて私の汚れた手のひらに、しっかり握らせてくれた女学生がいた。
・歩道から広い駐車場の中に迷い込んで出口を探して右往左往していると、駆け寄ってきた人が「どうされました?」と声をかけてくれた。手助けしてくれた。
・タクシー待ちの列に並ぼうとしていたら「ここが最後尾ですよ」って並んでいた人が教えてくれた。
・比較的空いている時間帯の電車やバスで座ろうかどうしようか迷っていると親切な人が空いている座席を教えてくれた。
・点字ブロックをふさぐ自転車やバイクに困惑していると「どちらへ行かれますか?」と声を掛けてくれ安全な場所まで誘導してくれた人がいた。
・いつも行く町野散髪屋さん。カットのしまいに、「どうですか?ちょっと確認してみてください」と私に自分の髪を触らせ仕上がり具合を促してくれる。
・宅配便を出しに行ったコンビニの店員さん。宛名書きの用紙に私に代わって文字を記入してくれた。
・コンビニの店員さん。支払いの釣り銭を私の手のひらに、「最初にお札です。小銭です」と手渡してくれた。
・ガイドさんやお友達に案内していただいたトイレの個室。「水を流すレバーはここです。ペーパーはここだよ」と場所を教えてくれた。
・乗り込んだエレベーター。「何階ですか?」と聞いてくださりボタンを押してくれた人がいた。ドアが開いたら「○○階ですよ」って、教えてくれた。
・田舎の無人駅。出札口がわからず右往左往していると遠くの方から「もっと右だよ。行き過ぎ、そこそこ」と大声で私を誘導してくれた人がいた。線路向こうで畑仕事していた叔父さんだった。
・北国の駅。駅員さんたちが点字ブロックの上に積もった雪の雪かきをしてくれていた。
白杖の私たちは町野こんな親切に感謝しています。木枯らしの街角も今日は温かい。次回へ続く

仕事始めの朝

今日が仕事始めでした。そんな朝のことです。お正月休み中ほとんどといっていいほど家の中で過ごしていた僕は、玄関を久しぶりに出る不安を感じていた。
しばらくぶりに手にする白杖の感覚は鈍っていないかな?いつも歩いていた交差点や歩道に変化はないだろうか?勤務先の施設内の間取りは変わっていないだろうか?そんな不安を感じていた。
ちっぽけなことだけど、目の見えんもんには、こうだと思っていたことがちょっとでも違っていたりすると戸惑ってしまうもんなんです。
例えばいつもは止まっていない歩道の点字ブロックの上に車があったりすると、不意を突かれて激突してしまうこともあるんです。
そうかと思えば職場で、僕がいつも使っている部屋にいつもはない物が置いてあったとします。
僕は、いつもの調子でドアを開けて部屋に入ります。
そしたら、すぐのところにホワイトボードがあって、その角におでこをぶつけて額を切った経験をしました。
話は最初に戻るけど、僕は、出勤前の玄関先でそんな不安を抱きながら、白杖を綺麗なタオルで磨いた。
そして、杖に向かってこういった。
「また今年も宜しく頼んだぞ。お前に命あづけたぞ」。
玄関を出た僕は、冬空に向かって大きな深呼吸をひとつした。
年初から位話題で申し訳ない。悩んだり泣いたり、笑ったりこけたり、つたないブログを今年も宜しくお願いします。
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR