元祖 視覚障害者あるある

このブログを開設した当初の「あるある」です。記事を管理していたら自分で笑ってしまいました。
二年前の記事を再掲載します。懐かしくもさくっと視覚障害者あるある。
・職場の玄関とか駅ですれ違った人から、お早うございます・・・そう声を掛けられたけど、たまにえっ今の人だれよ?ってなって、取りあえず挨拶は返してみたけど、誰だったのかわからずにモヤモヤ。
・職場や学校の廊下で人の気配を感じてこちらから朝の挨拶するも同じ人に複数回挨拶してしまって思わず苦笑い。
・駅のロータリー、白杖で点字ブロックを辿って進むもいつまで経っても変わらない状況に可笑しいぞとおもっていたら、噴水の周りを囲うように設置されていた点字ブロックをずうっと辿っていたことに気づいて意気消沈。
・公衆電話の順番待ち、壁に向かって通話している人の背後に並んでいると、目の前のその人が通話しながら歩き出して赤面。そんなことが切っ掛けで携帯電話を持つことになったことは内緒。
・ガイドヘルパーさんに百貨店のトイレに案内してもらうが、個室の外で「私ここにいますから終わったら声を掛けてください」とヘルパーさん・・・。気恥ずかしくて出る物も出なかった。
・ならばと一人で入ったトイレの個室でのこと、水を流すレバーの場所がわからなくてウ○コを放置したまま退散したことは内緒。
・部屋で小銭をばらまいて手探りで拾い集めていたらなくしたはずの手袋の片方を見つけて思わずにんまり、時は真夏である。
・床に落とした物を拾おうとして腰を屈めたときに机の角におでこをぶつけて悶絶!
・先頭を歩く健常者に列車のようにつらなり歩く視覚障害者三人。いつしか横に広がってしまい最後尾の奴が電信柱にぶつかって悶絶!
・息子と晩酌、親子談義に花を咲かすが返事がないので可笑しいぞと思ったら、そこに居たはずの息子が席を外していて居なくて、無人の椅子に人生を語る父であった・・・次回へ続く。
スポンサーサイト

感謝の気持ちとささやかな願い

マラソン遠征の帰り、最寄りの駅に着いたのは深夜近かった。その時間の田舎駅に降り立つ人はまばらである。駅員も出札係が一人いるだけでひっそりとしている。そんなホームで声を掛けてくれた若い女性がいた。
「出札までご一緒しましょうか」。僕は慣れている場所ってこともあって、最初は断ろうかと迷ったけど、手助けしてもらうことにした。
細い腕につかまらせてもらい出札まで。女性にお礼を伝えて別れた。しかしその後にハプニング発生。
駅舎を出て凹凸のすり減った点字ブロックを白杖で辿って跨線橋の登り口に向かっていたはずが気づくと公衆トイレの中へ迷い込んでたぁ(笑)
僕は、尿意もなかったんで後ずさりして外へ出ると、さっきの女性がいた。「どちらへ行かれますか」と、女性。僕が跨線橋に向かっていることを伝えるとそこまで案内してくれた。
ここまでくれば大丈夫とお礼を伝えて、今度こそ女性と別れた。
その後は、不慣れなスペアの折りたたみ式の白杖を駆使して無事に自宅に到着することができた。
あれから思う。あんなに遅い時間にあの女性は何事もなく無事に家に帰れたかなとか、日々のニュースで交通事故の記事を耳にするとあの親切な女性でなければいいなって思う。
神様がおられるのならば、町や駅で障害者やお年寄りや困っている人に親切にしてくださった皆様が幸せでいてくれと祈りたい。
今宵もお付き合いありがとうございました。

私、失敗しないので

ちょいと前の出来事。マラソン遠征に出掛ける朝、窓の外は土砂降り。雨合羽を羽織った上に大き目なリックを背負う。雨の日は白杖と傘で両手がふさがってしまうので僕はいつも雨合羽を着用するんです。そんな身支度で玄関を出た。
この日は荷物になるのでいつも使っている折りたためない白杖でなくて、四つに折りたたむことができる白杖にこの身を委ねることにした。ところが久しぶりに使う白杖は使い勝手が微妙に違う。もう何千回も歩いているはずの最寄り駅まで徒歩15分の道で迷ってしまった。
田舎の早朝はひっそりとしていて目印になる音もなく当然点字ブロックはないので、曲がり角までの感覚と道端の縁石やらマンホールのふたなどを目印に進む訳なんだけど、どこでどう迷ったのか駐車場らしき広場に迷い込んでしまった。
こうした時には焦るとパニックになるので冷静でいることに心を落ち着かせることだ。とはいっても電車に乗り遅れるわけにはいかない。
「私、失敗しないので」。そんな自信で心を落ち着かせて、体をくるっと回転させて元きた方角に向き直ってそろりそろりと白杖を向けてみた。
一歩一歩また一歩。広場のフェンスまでたどり着いた。よし!ここからだ。駅の方角はどっちだ?
人に尋ねようにも田舎の雨の日の早朝は人っこ一人通らない。白杖を頭上に上げるSOSサインなんざこの町では無意味である。
かすかに聞こえる電車の発車ベルの音。よし!駅の方角はあっちだ。フェンスを障って確かめる。どこかで触ったことがあるぞ!あの場所だ。路面を白杖の先と足裏で確認して、現在地を確信することができた。
軌道修正はできたけど時間がない。閉鎖したスーパーマーケットの駐車場脇の歩道を足早に急ぐ。道路標識の支柱に何度も白杖が引っかかってカーン!カーン!と音が響く。
歩道に道路標識ってどゆこと?いらつく気持ちを抑えて駅反対側のロータリーまでたどり着く。ここにも点字ブロックはない。白杖と感だけが頼りである。やっとこさ、跨線橋の階段に到達。ここまでくれば大丈夫と胸をなで下ろす。
少し余裕をみて家を出たからよかったぁ。どうにかこうにか電車にも間に合ってよかったぁ。乗り込んだ電車で雨合羽を畳みながらつぶやいた「私、失敗しないので」、なんちゃって。

難儀な白杖

僕は普段、折りたためない直状の白杖を使っているんですけど、歩行には路面の状況が繊細に伝わるし、何より折りたためる白杖と比べて丈夫なんです。だけど機能的には難儀することしばしばなんです。
例えば電車で座った時などは杖を脚の間に立てて持っていなければならないんです。近いところはいいですよ。遠くに出かけたときなどは、2時間近くも立てた杖を握ったまま耐えなければならないんです。居眠りなんかできないですよ。杖をうっかり倒したら大変ですし。

それから会合や集まりに行ったときなどは建物の玄関先に立てておくことになります。飲食店のお座敷に上がるときやボックス席なんかも大変ですよ。いちいち杖を立てかけておける場所を探さなければなりません。
それと野外での集まりなんかも大変なんですよ。立て掛けておける場所を確保するのも大変ですし、レジャーシートに寝かせておけば誰かに踏まれてしまうし困り物です。
しかし使い勝手は最高です。まず丈夫だし突いたときのぐらつきもないし、地面を自分の指でなぞるようにその感覚が伝わってきます。それは直杖を使っている、使ったことのある人でなければわからない感覚です。
つい最近、こんなことがありました。長旅に出かけるのでスペアの折りたためる白杖を久しぶりに使ったんですけど、いつも使っている直杖と微妙に長さも違うし地面の感触の伝わり方も微妙に違って、歩き慣れた自宅から駅までの道で迷ってしまいました。危うく電車に乗り遅れるところでしたぁ。
旅先ではそれはもう折り畳める白杖は機能的で快適でしたよ。新幹線でもお座敷でも小さく折りたたんで鞄の中です。そして、今日からまた僕の体の一部になっているいつもの直杖を使っている。

視覚障害者・駅ホームあるある

びくっと、視覚障害者の駅ホームあるある。
・列車やアナウンス、発車ベルなど音の洪水で誘導ベルの音が聞こえない。方向がわからなくなる。
・点字ブロックに沿って歩いているとブロックの上に人が立っている。荷物が置いてあったりする。柱にぶつかりたんこぶができた。
・いつもと違う場所で降車してしまい方向がわからない。階段を探して歩いていたらホームの端に到達してしまって意気消沈。
・田舎の無人駅。降車したけど人の気配も誘導ベルもなくて出札口を探して右往左往。
・田舎の駅。誘導ベルの音かと思ったらピヨピヨ、本物の野鳥のさえずりだった。
・再び都心の駅ホーム。「もっと右です。左です。あっ危ない」と声が聞こえたけど、誰に話しかけているのかわからない。
・もっと左です。声の通りに動いたら柱にぶつかった。ホームから落ちた。
・↑声を掛けてくださるときには、そこの杖の人とか赤いリックの人などといってもらえると助かります。
・乗り降りするときに列車とホームの間が広く空いていて落ちそうになった。落ちた。JR飯田橋駅は要注意。
・ホームドアを初めて見たときは感動した。ドア横に乗車位置を示す点字があって感動。すべての駅がこうだったらいいのにな。
・降車したらホームの端でホームの幅が極端に狭くなっていて反対側に落ちそうになった。落ちた。
・疲れていたり考え事をしていて気がついたときには転落していた。
・最寄りの駅。慣れているので°や顔で歩いていたらホームから落ちた。勘違いと油断は怖いよ。
・改札口でガイドや盲導犬を連れた視覚障害者にしつこく身障者手帳の提示を要求するんなら、ホームの見張りの駅員を配置してくださーい!
。駅ホームは転落だけじゃない。白杖を乗客に踏まれて折ってしまったり、、酔っ払いに絡まれたり、置換被害だってある。
・目が見えないと逃げれないし、被害届も出しにくい。見張りの駅員を配置してくださーい。
駅ホームは欄干のない橋。今日も僕らは命がけ。

盗撮魔

長いエスカレーターを降りたところで「もしもし、旦那さん、携帯電話を見せてもらえませんか」と男に声を掛けられた。意味がさっぱりわからなかった。自分が誰なのか名乗りもしないで失礼な奴だと思った。
「アンタ、誰だよ」と僕が尋ねると「まあまあこちらへきて」といきなり僕の両脇から体を抱いてきた。どうやら男は二人いるようだ。
この時点でおおよその察しがついた。アホな警備員が僕のことを最近問題になっている盗撮魔かなんかと間違えてけつかるなとピントきた。
やんちゃな血が騒いだ。身は潔白だし、このボケをおちょくってやることにした。
「あの、僕、全盲なんですけど。この白い杖がどういう意味か知ってます?」と言ってみた。
そしたら、あっさり「知ってますよぉ」だと。
あげくの果てに「旦那さん、少し見えているでしょ」だと。
こいつは面白いと思ったからサングラスをさっと取って、目玉を指でこすって、こういってやった。
「ほれ、僕の目は量目とも義眼なの」。
そしたら、「あふあふ」しているから「ほれ、見ろよ」と僕のスマホを突き出してやった。
「ロックを介助するには画面をスライドしてください」とスマホの音声読み上げがしゃべくりだした。
「これどうやるの」。使い方がわからないようだったので、「よこせ!」とばかりにスマホを取り返した。
そして、神レベルの指わざでアルバムを開いて見せてやった。
そしたら「ご協力ありがとうございます」ときたもんだ。
こうなると僕の気が済まない。
「またんかい、こら。身分も事情もいわんと人を馬鹿にすんのもたいがいにせえ」と一括してやった。
事情はこうだ。二人は刑事でどこどこの誰だとか名乗った。僕が女性の背後でスマホをいじっていたから云々。全盲だとは気がつかなかったそうだ。
人を疑うことが仕事とはいえ呆れた尋問にただただ苦笑する僕だった。四、五年前の某駅での話である。皆様もエスカレーターでの携帯電話の使用にはご用心。

一人にしないでよ

最近ちょっと忘れっぽくなった。食後の薬は飲んだんだっけ?とかは日常的、一度言われたことを忘れて同じことを聞き返して女房に指摘されたり(笑)
極めつけは、伴走者と約束した練習日を忘れたこともあった。この時は勘違いもあったんだけれど、オラ、若年性認知症の前触れかと思ったよ。反省しきり気をつけたいものである。
そんな僕だけど忘れられてしまうこともある。障害者なら一度や二度は経験があると思うが、友人やガイドに置き去りにされてしまったことがある。
どういったケースかといえば、マラソン大会のゴール五の広場にぽつんと一人放置されたり、バーベキューの輪から外れたシートに座らされ蚊帳の外なんてことがあった。
その時、伴走者は顔見知りのランナーとの雑談に夢中だった。悪気はないのはよくわかってる。でもそうした状況はとてつもなく不安だし情けない気持ちでいる。
声を上げろよと思う人もいるだろうけど、周りに知り合いらしい人物の気配がなかったり、疎外感が先立って、こうした時は声が出ないもんなんです。
僕らは弱者でお世話をしてもらう立場だ。だからこうした記事は書きにくい。しかし、僕のような体験をしている障害者は驚くほどいる。
だから誰かがこうして声を上げなければならないと思ったから記事にしてみた。

詳細に書くと「何様」になるので最後は、こう締めくくりたい。
何かの集まりなどで、ぽつんと一人いる障害者を見かけたら声を掛けてあげてください。障害者を長い時間一人にしないでください。それじゃなまたなと手を振るまで笑顔でいられることを願い、この記事を終わります。

お色気とセクハラのお話

日毎に寒さが募り人肌恋しい季節ですねー。この年になるとハグハグしてくれる相手もいなくなります。なのでユニクロのパーカーとダウンベストを重ね着して冬ごもりしている爺であります。でもいくら重ね着しても人のぬくもりにかなうものはありませんな。皆さんも覚えがあるでしょう。幼き頃に母親にハグしてもらったときの温もり。我が子をハグした時の愛おしさ。好きな人とハグした時のドキドキ感。
最近よく聞かれるんです。「目の不自由な人はどうやってエッチするの」と。そんな時はこう応えます。「みんなエッチする時は電気を消してするんじゃないの」って。だから健常者と一緒だよといったら、ある人が明るいところでやる奴もいるぞって。もう好きにしろー(笑)
そうしたスケベは放っておいて違う話をしましょうね。スケベというと僕、これだけは許せないことがあるんです。それは、視覚障害者の男子、とくに全盲にたまにいるんだけれど、女性の体にすぐに触る行為、大嫌いなんです。
女性とみるなり近づいてきてすぐに手を伸ばす。誘導してくれる女性ガイドの胸や尻を触る。はたまた街で親切に声を掛けてくれた女学生にまでセクハラしたスケベもいるというから呆れたものだ。同じ全盲の立場からすると情けないし、みっともない。女性に失礼だし、視覚障害者のイメージが悪くなるから絶対やめてほしい!
目が不自由だから許されている部分があるけど、普通だったら犯罪だろうがよ。皆様の身近でこんな行為や被害を受けた女性がいましたら、遠慮することはありません。「やめなさい!」強くきょぜつして、しかりつけてほしいです。
最後に視覚障害者の男子と全盲の名誉を侵害せぬように、これだけは付け加えておきます。まれにこうしたスケベがいるだけで普通は皆様紳士ですよ。この記事が全盲男性を愚弄するものでないことを伝え終わります。
ここまでお付き合いありがとうございました。

エッチな声

「夕べはエッチの声凄かったねー」と、朝食の席で娘がぼそっといった。一瞬ドキッとしたけれど身に覚えがなかったもので、「裏の駐車場でアベックがやってたんじゃないの」と、父は切り替えした。
「そうだよ。激しかったよ」と、娘はノリノリである。父は、娘に覗きの趣味があったんかなと苦笑しつつも「そんなときは教えろ」と返した。
「ミヤァァァ!ギャァァァ!」と、娘が奇声を上げたと思ったら、「何想像してるの?猫だよ、猫のエッチだよ」と言った。
父は、嫁入り前の娘を前にして、不覚にも妄想を膨らませ、危うく股間を膨らませるところだった。後半へ続くぅ。
次回は、目の不自由な人のエッチについて書いてみましょうねw

電車内での迷惑行為と白杖の叔父さん

電車内での迷惑行為が問題視されている。車内でのメイクに椅子の持ち込み、イヤホンからもれるシャカシャカ音、大声でおしゃべり、荷物で座席を占領、混雑時にリックを背負ったままの人、困ったものだ。撮り鉄、乗り鉄いうんあるけどメイク女は、化け鉄とでも名付けたろか。まあ、目の不自由な僕にはそうした姿は見えないけどね。懐かしいところで「ひみつのアッコちゃん」いう漫画があったけど、車内のそこかしこで鏡を手に、らみぱすらみぱするるルるルしている女子の姿を妄想してちょっと引いてしまった。
視覚障害者の視点で電車内での迷惑行為いうたらドア付近を占拠する人、足を組んでいる、投げ出している人、通路に置かれた荷物、香水に煙草の匂いなどあるけど、やっぱ耳に飛び込んでくる音は気にさわるな。やだね!イヤホンのあのシャカシャカの音。無神経いうか自己中としか思えんよ。
いや、気持ちが分からないでもないんだ。どんな意図でシャカシャカ音を立てているのかわからないけど、聞きたくもない他人の会話が耳障りだからなんて理由の人もいるんじゃない?大声での会話にバカ笑いなどは、僕も耳をふさぎたくなるもの。いつだったか上役らしきひとが、部下にずうっとねちっこく説教してた。その時は電車を降りたくなったよ。公衆の面前で他人を罵倒したり、人の悪口を堂々としゃべくるのは本当に勘弁してほしい。
かく言う目の不自由な僕らも知らずとして周囲に迷惑を掛けていることがあるかも知らん。白杖を使う僕らは絶えず杖を持っているのでいつも片手はふさがっています。そのためリックを背負うことが機能的で白杖歩行には、リックが適しているんです。
しかし、混雑時に視覚障害者が背負ったリックを着脱することは厳しいです。足の間に置くにしても手で下げるにしても瞬時に行動派起こせないよ。人の流れにも瞬時に対応できないというのが理由である。
ちなみに何故に混雑する車内でリックはダメかというと二人ぶんのスペースを取っていることになるし、背の低い子供やお年寄りなどの顔にぶつかることもあります。そうした理由で電車内のマナーのひとつに上げられています。このリック問題、貴女はどう思われますか!
他人のふり見て我がふり直せという諺がありますが僕は、でかい声で話さない、そんなことに気をつけている。今宵もつたないブログにおつき合いしていただき有り難うございました。
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR