タンデムと僕と春の休日

この日は仕事休み。外は贅沢なくらい初夏を感じる太陽の日差しが降り注ぐとてもいい天気だ。。
冬の間ほとんど乗れなかった愛車のタンデムを洗車してあげることにした。。
タンデムはシートをかぶったまま庭の隅に置いてある。
大きなシートをめくるとちょいとすねた顔のタンデムがいた。
うっすらと埃のついたフレームを指でなぞり僕は、ごめんよとタンデムにいった。
水の入ったバケツに新しいタオルをしたしてよく水をしぼった。
そのタオルで母親が赤子の顔を拭くかのごとくフレームや車輪を丁寧に磨いて上げた。
さっきまですねていた顔のタンデムが元の凛々しい姿になっていく。
「今すぐにでも走りたいよ」と言うタンデムの声が聞こえたような気がした。何度も何度も。
僕はそんなタンデムの主張にちょいと切ない気持ちにさせられた。
パイロットがいなければ走らせてあげることができないこと。
と、同時に乗ることのできない僕のもどかしい気持ちが交差した。
でもそんな複雑な思いもタンデムがピッカピッカになった頃には晴れていた。
空から降り注ぐ太陽の日差しとそよそよと吹く風の心地よさに、これから始まるシーズンに旨が高まるタンデムと僕であった。
そこにタンデムがいたから、こうして外に出ることができた。
僕は、大きなシートを丁寧に磨き上げたタンデムにかぶせながら「ありがとうよ」と、タンデムに向かって言った。
バケツを片付ける足元に手をはわせるとシャクナゲの花が咲いていた。
続く
スポンサーサイト

交差点戦争

拡張工事とコンビニの建設が進む通勤途中の交差点の続きである。
何も不幸自慢をしているわけではない。
日常で全盲の僕が危険だなと感じた思いを書き記しているだけである。
そして僕のように町の不自由を感じている障害者は五万といるはずだ。
中には、「逐次、そんなこと気にしていられる会」と寡黙で前向きな障害者もいることも事実だ。
世間はそうした人を「えらいねー」と評価する。
僕もそうした姿勢は見上げたものだと思うが別段えらいとは思わない。
誰かが伝えなければならないことを僕はブログに書き記しているのである。

古くから当人の素直な心の動きを綴ったものを日記といって、それを公開したものをブログというんです。
さて、前置きが長くなったけれど、工事中の交差点をわざわざ通らなくても回り道をすればいいだろうにという感想をいただいた。
確かにそれができたら苦労せずにすむのであるが、できないから苦労しているわけである。
真っ直ぐな県道を回り道するには1km先の横断歩道まで行き歩道のない県道を戻ることになる。
ひとつの手だてがある。
それは横断歩道のない場所を横切ることだ。
強行できないこともないだろうけれど、白杖のジジイを引いた車の運転手さんが気の毒であるし、僕もそんなとこで死にたくない。

そんなわけで僕の中の交差点戦争は続いている。

神様が舞い降りたあの交差点

去年の11月から始まった通勤途中の交差点の拡張工事がまだ続いてる。
毎日の通勤の朝の交差点には相変わらず重機の音が響く。
そこに最近、コンビニの建設工事が始まった。
右から左からゴーゴー、ガーガー、まるでその音は戦場のごとくだ。
音響信号機もなければ点字ブロックもなく、人通りはほとんどない難易度マックスの難所だ。
車が往来する気配は重機の音にかき消されほとんど聞こえない。
最近は、停止中にエンジンが切れる車が増えたこともあって、それに気づかずに横断歩道を渡り始めると車が急に動き出して危うく引かれそうになったことも多々ある。
神様は、この白杖のジジイにどれだけの試練を与えれば気がおすみになるのかと思いたくなる日もある。
その朝もそんな心持ちでその交差点に白杖を向けていた。
歩道を進む僕の行く手をふさぐような障害物を白杖が捕らえた。
「この先、水道工事をしてまして云々」と青年が声を掛けてきた。
「通れないってことかい?」、僕は聞き返した。
青年から「すいません、そうなんです」と返事が返ってくる。
僕は仕方なく歩道を降りて車道の端を白杖でたどり歩くことにした。
「ガードマンかよ、ちゃんと手引きしてくれないかなぁ」、僕はうわごとをぼそっと口にした。
「あっすいません。ガードマンです」と青年が答えた。
青年は僕の動きを見守りながら僕の背後にいたようだ。
そんな出会いがあってその翌朝から工事現場に差し掛かると、青年が決まって声を掛けてくれるようになった。
青年は、工事の現状を伝えてくれたり、信号を見てくれたりする。
そうかと思えば「俺、明日いないんで叔父さんが心配だな」、なんていってくる。
この町で数々のガードマンと遭遇したけど、こんな親切で優しい人には初めてあった。
いつも恐怖に震え渡る交差点に神様が舞い降りたようである。
これからも工事は続くだろうし、地形も徐々に変わり不安だけれど、通勤の朝、その青年と会うのが楽しみになった。
続く

今に見ていろ20年後 タンデムが走る世界

リオパラリンピックが開催されたことで障害スポーツへの関心度も高まってきている。
開催以降、うちの伴走サークルにもHPを見て伴走をしてみたいという人が増えた。
視覚に障害がある人からも走ってみたいという入会の動きもある。
そうしたことはマスメディアを通したリオパラリンピック効果ではないだろうか。
伴走をしてみたい、走ってみたいと思った人がいてそこに希望を叶える伴走サークルが各地にある、素晴らしいことではないだろうか。
しかし、タンデムの関心度は皆無に等しい。
うちの伴走サークルにも4台のタンデムがあるがパイロットがいない。
これは言い換えれば障害者がマラソンを走ってみたいけど伴走者がいないのと同じである。
それはまさしく20年前に(^-^)人(^-^)4人でこの地にランモード群馬を立ち上げた当時と同じだ。
伴走者がいなければ、視覚障害者が参加できる大会もないに等しかった当時そのままである。
ちょいと年をとってしまったけれど、僕に20年前と同じ野望がメラメラと沸いてきた。
今から20年後、視覚障害者を乗せたタンデムが当たり前のように走っている環境を残したい。
タンデムに乗ってみたい、パイロットをやってみたい人が必ず現れるはずである。そう、今の伴走のように。
タンデムの魅力をどう伝えていこうか。どう協力者を募るか思案中であるが必ずや!といった強い思いがある。
ランモード群馬のタンデム同好会、6名、そして僕の挑戦は、今始まったばかりだ。

全盲の私あるある。生活編

さくっと全盲の私あるある。・キッチンでお料理。コンロにお鍋が二つ乗っている。。。
一つは料理中のお鍋で、もう一つは残り物のお味噌汁が入ったままの使っていないお鍋。
そのお鍋に包丁で切ったばかりのお肉を間違えて入れてしまい意気消沈。ちゃんとふたをしておけばよかったわぁ。
。牛乳が入ったマグカップにお茶を注いでしまったようで飲んだら不思議な味になったった。
・今度は牛乳の入ったマグカップに間違えてオレンジジュースを注いでしまった。ヨーグルトみたいなドロッとした怪しい味の飲み物になったった。
・お茶碗にお茶を注いでいるとテーブルの上が水浸し。裏返しのお茶碗にお茶を注いだことに気づいて意気消沈。
・デスクでお仕事。書類を手探りで整理していたら湯飲み茶碗をひっくり返してしまい意気消沈。大事な書類が台無しになったった。
・朝の洗面台。洗顔クリームと歯磨き粉を間違えて顔に擦り込んでしまった。しかも念入りに擦り込んで意気消沈。
・出勤前の玄関先、白杖を置き忘れて右往左往。腰をかがめた瞬間に下駄箱の角に頭をぶつけて悶絶。
・やっと見付かった白杖は家族の誰かの杖。時間がないので借りることにした。
・長さの違う白杖は歩きにくい。障害物に気づくのが遅れて道路標識のポールにぶつかった。たんこぶができた。
・職場に着いたら同僚にずいぶん派手なシャツを着ているねーと指摘され気づいた。間違えて息子のど派手なシャツを着てしまった。
・一日の終わり。お風呂で入浴タイム。
湯船にバブを放り込んだら何やら怪しい香り。
バブと間違えて卵スープの素を放り込んでしまったようだ。
・その香ばしい匂いにうながされお風呂でビール飲みたくなったった。
こんなことがあっても私は明るく生きている。
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR