苦闘のはるな梅マラソン完走記

はるな梅マラソンのハーフの部を伴走者♂に伴走していただき走ってきました。
ハーフを走るのは去年1月の横田フロストバイト以来のことで思うような走り込みができぬまま不安を抱いてスタートラインに立ちました。
この日のお天気は太陽に薄く傘がかかる程度のマラソン日よりであります。
場内に響く軽快なブラスバンドの演奏と沿道からランナーに向けられた群集の声援に送られて、僕らは大勢のランナーに混じりゆっくりスタートした。
絆と呼ばれる一本のロープを伴走者♂と互いに手で握り、腕振り、歩幅を合わせ、二人三脚の用量で歩を進めます。
伴走者♂は伴走経験豊富なベテランさんであります。そうした意味では安心して絆を任せることができた。
マラソン会場から少し離れると梅林が沿道に広がり、かすかに香る梅の酸っぱい匂いがしてきた。
伴走者♂が「白い梅の花が満開だよ」と伝えてくれる。僕はそんなことからのどかに広がる梅林の風景を妄想する。
辺りの風景を脳裏に描く余裕があったのもそこまででコースの傾斜が厳しくなるに連れ足を前に出すことだけに必死である。
長い上りの坂が終わり下り坂になると肌に感じる風が心地よくこのままずうっと下り坂が続いてほしいと思ってしまう。
5kmもしないうちに後からスタートした11kmの部のランナー達が車線の右側を使って追い越していく。まさに疾風のごとくである。
コースはついにこの大会名物の厳しい起伏を繰り返す難所に差し掛かった。
「浅間山が正面に見えるよ。噴煙がなびいている」、そんなことを伴走者♂が伝えてくれる。僕は返事を返す余裕もない。
沿道の家々の玄関先で、「頑張れ、頑張れ」とお年寄り達が僕らに嬉しい声援をくれる。そんな声援に手を上げて答える僕。
8km。やっとこさ、給水エイドのスポーツドリンクを口にすることができた。口にした梅干しが旨かった。
少し元気を取り戻した僕は知り合いのランナーと談笑をしながら走ったりした。
13km地点に差し掛かるとさらに上りの傾斜が厳しくなった。
僕の息は早くも上がってしまった。ゼーゼー、ハアハア、他界した父親のぶんまで呼吸するかのごとくである。
全身の毛穴から汗が吹き出してくる。いつになったらこの急勾配は、終わるんだ、そんな心持ちの僕。
そんな急勾配を折り返しのランナーがもの凄い勢いで下っていく。まさに天国と地獄のごとくだ。
そんな僕もようやく折り返しのコーンを周り急勾配の下り坂を駆け下りることになった。
しかし、左の太ももの付け根の辺りが痛くなり出して加速できない。
そうこうしているうちにまた急な上り坂、斜面の反発を利用して足を交互に前に出すだけの僕。
這々の体で最後の坂を上りきったのはいいけれど、両足のハムストリングスがつってしまった。
「あいたた」、路肩でストレッチをする僕のもとに沿道で応援してくれていた孫くらいの年の男の子が駆け寄ってきた。
「足が痛いの?大丈夫?」、本当に心配そうに尋ねられた。
僕は、その子の優しさに感涙してしまった。
残りは4kmになった。下腹の辺りも痛み出した。もはや加速する余力もなく、それどころか減速してしまう僕。
後続のランナーにも次から次へと抜かれる始末。
しかし、僕には情けなさとか悔しさは不思議と沸いてこなかった。
苦しさの中ではあるけど、外で体を動かせる心地よさと開放感を体前進で感じていた。
ゴールのマットを足踏みするように踏んだ。
この達成感は何なんだろう。伴走者と固い握手を交わした。この日を迎えるに当たり練習会などで走らせていただいた伴走者の人達と、伴走者♂に感謝を伝えこの日の報告を終わりにします。
スポンサーサイト

ありがとうの日と白杖のマナー

3月9日、この日は「ありがとうの日」なんだそうです。
3と9の語呂合わせでサンキュー、ありがとうなんだね。
ありがとうは言われるほうも言う方も気持ちがいいよね。
僕は、子供達には「ありがとうが言える人、ありがとうをいってもらえる人」になってくださいと小さい頃から伝えてきた。
誰かに何かをしてもらったり物をもらったりしたら素直にありがとうが言えること。
ありがとうは決して感謝を求めるものではないけれど、
困っている人がいたらお手伝いしたり、易しい気遣いができる人であってほしいから、そう子供達には教えたのです。
たまに駅や街で不安そうにしている白杖の人に声を掛けたら素っ気ない態度で拒絶されたという話を耳にします。
目の不自由なものがいつも手助けを必要としているわけでもないし、
障害者も普通の人と一緒で、無愛想なものだっている。
障害者だからといって無理に良い人でいなくていいけれど、
声を掛けてくれた人だって勇気がいるんだよ。
あの人、危なそうだな。困っているのかな?声掛けようかどうしようか、
そんな心持ちで勇気を出して声を掛けてくれるんだよ。
だからさ、断るにしても「ありがとうございます。今は大丈夫です」と、
それくらいの「ありがとう」くらいは言える心持ちでいてほしいと僕は思うよ。
無愛想だとか良い人とかではない、善意や勇気に対するマナーだよ、マナー。
そうしたマナーと「ありがとう」の一言が、声掛けや見守りの啓発を広めるのだから。

苦労はお互い様

やだなぁ。生まれつき目の見えない全盲が一番不幸だとか、いや、弱視だって大変なんだ、中途失明者は、それまで見えていたんだから幸せだよ、みたいな議論。
視覚障害者が集まった席で僕の嫌いな話がはじまった。
僕はこうした会話にはいつも加わらないことにしてる。
だって生きてきた環境もみんな違うのだし、できることも違うんだからさ。
視覚障害には二通りある。まずは視覚障害、それと視野障害に分けられる。
視覚障害には、まったく見えない全盲と光を感じることのできる光覚、メガネなどの強制が効かない視力が弱い弱視がある。
視野障害は、視力はあるけど視野が極端に狭い視野狭窄と、視力はあるけど目の中心が見えない中心暗点がある。
みんなそれぞれ当人でしかわからない苦悩や悩みを抱えてる。
先天性の全盲の中にはこの人、本当は目が見えてるんじゃないのってくらいの弱視顔負けに行動力のあるものもいる。
そうかと思えば弱視の中には人につかまらないと歩けないというものもいる。
私は白杖の音の響きが歩くときに頼りになるというものもいる。
今時、白杖の音の反射音なんか必要としている奴がいるのかと、笑うものもいる。
どれだけ苦労と努力しているんだか知れないけど、自分のことばかり主張してさ、人の揚げ足ばかり取って本当にいやだ。
住んでいる環境も違えば、生きてきた環境も違う。能力もモチベーションだって違うのだから、
そんなことは計りに掛けられやしないんだよ。
ちったぁ、その人の立場になって物事を考えられないのかね。狭い世界である。
お互い様、そんな心持ちと仲間を思いやられる世界であってほしい。
おわり

感謝の深谷マラソン完走記

第11回深谷シティハーフマラソンに今年はランモードの仲間達20名で参加してきた。
乗り合わせた車を降りると頬に当たる柔らかな朝の日差しが心地よく、マラソン日和を確信した。
スタート前に受付を済ませるランナーでごった返した広場を歩いていると第1回大会のこの場所で、「伴走者募集のチラシ」を仲間達で配った日のことが思い出される。
体育館の中に確保した陣地で身支度をしていると仲間と一緒に差し入れのお菓子が続々と集まってきて大きなシートが人と荷物でいっぱいになった。
「おはよう」、皆が声を掛けてくれる。目が見えないとこちらから挨拶しにくいので、そうした瞬間が本当に嬉しいものだ。
伴走者♂とコスプレの衣装を着て10kmの部の整列にどや顔で並ぶ。
そんな僕らに周囲から怪しい視線が向けられているようだが、そんな気配がコスプレーヤーにはたまらないのだ。
深谷市長が放った号砲の音を合図にスタートする。
ラッシュアワーの群集が一斉に走り出した威圧感とランナーが踏み鳴らすシューズの音は何度直面しても緊張するものだ。
伴走者♂はこの日が大きな大会では初の伴走レースだ。僕は、伴走デビューの人と走るときには、いつもよりお互いに次に繋がるような最高な気分でフィニッシュできることに心がける。
そんな心持ちの僕の気持ちを折るように無理な追い越しを仕掛けたランナーが僕の右側から目前に割り込んできたので危うく転倒しそうになった。
伴走者♂は無理に加速することはせずに周囲の流れに合わせるようにロープワークをしてくれたのでそれ以降は僕のこわばった体も次第に力が抜けていった。
走路の混雑がばらけるとようやく自分たちのリズムで走れるようになった。
その頃になると風を切る爽快感に胸が高鳴ったり、沿道の声援が耳に飛び込んでくる。
「葱のオッサン、頑張れ」、「猪のお兄さんも頑張って」と沿道から僕らに嬉しい声援が飛ぶ。
この日の僕らのコンセプトは、深谷市の特産でもある深谷葱の畑を荒らしにきた猪と葱でした。
伴走者♂が猪で、僕が葱に扮しました。
その様子は、葱をかっさらった猪と、食べられてなるものかと必死に逃げる葱のごとくだったと思います(笑)
和太鼓の音や風に香る葱畑の匂いを感じて走っていると過去にこの大会を一緒に走った仲間達のことや景色が脳裏に浮かんできた。肌に感じる風も靴底に伝わる衝撃もあの日と一緒だ。
僕は、愉快にゴールできればいいやととくに目標タイムを考えてはなかったけど、ちょっと頑張ってみることにした。
とはいっても見てくればかりのポンコツになってしまった体は思うように動いてくれないのはわかってる。
伴走者♂が走りやすいコース取りをしてくれた。
伴走者♂が1、2、1、2と箱根駅伝の監督のようにリズムをつくってくれた。
幾度となく息が上がりそうになったけど、この日、参加できなかった友のぶんまで、「走ってやるぞ!」と自分を奮い立たせた。
次第に沿道の声援が増えてきた。大会会場のアナウンスが聞こえてきた。
伴走者♂が力のこもった声で、グラウンドに入るぞと伝えてくれた。
ゴールまで200m。気持ちでスパートすると不思議と加速できた。
ラスト50m、さらに加速してフィニッシュのマットを駆け抜けた。
大会では、二年ぶりに一時間を切ることができた。
僕らは堅い握手をした。伴走者♂にナイスランと声を掛けられたら熱い物がこみ上げてきた。
大会終了後は、みんなで入浴施設に移動して温かいお風呂で汗を流しました。
そんな至福な時間を共有できたのも伴走者♂が走ることだけでなく、サポートしてくれたので、最後までこの日を満喫することができた。
帰路の途中、梅の花が満開だよと乗り合わせた車の中で友が教えてくれた。
もうすぐ春ですねー。目なんぞ見えなくとも僕の心は、小春日和である。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

視覚障害者な私が日常で直面してよかったこと、あれこれ

さくっと視覚障害者な私が、日常で直面してよかったことあれこれ。
・一人でコンビニに入ったら若い男性が、ご案内しましょうかって声を掛けてくれたので目当ての物を伝えると店内を手引きしてくれた。
親切な店員さんだなとレジでお礼を言うと居合わせた買い物客だった。全力でありがとうを言った。
・百貨店の通路を通り抜けようとしていたら、どちらへ行かれますかって声を掛けてくれた若い男性がいた。出口を探していることを伝えると肘を貸してくれたんだけど、気さくな方であれこれ話をしていたらショップの店員さんだったことに恐縮。全力でありがとうを言った。

・バスを降車する時に、運転手さんがステップを二段降りると歩道の段差があるから足元に注意してと促してくれた。
・混雑するバスで手すりに掴まって立っていると、目の前の席に座っていた御婦人が、貴方は足腰は健康なんでしょって私に聞いてきたんで、すぐさま勿論ですと返事を返したんだけど、ストレートな人だなと思ったけど何故か嬉しかった。
・工事現場の重機の大きな音が轟く交差点で信号が変わったことも車が往来する気配も音もわからず困惑していると、突然小さな手に腕を捕まれた。大声で話をするとランドセルをしょった男の子で、手をつないで私と一緒に横断歩道を渡ってくれた。
・近所の八百屋の前にある飲料水の自動販売機には点字の表記がある。ある日、ドリンクを買おうとしていると、そこの店主に、文字が間違っていないか聞かれた。独自の善意で点字シートを貼ってくれていたことを知り感動した。
・行きつけの飲食店には以前から点字のメニューはあったけど、黒い台紙に白色の文字で弱視に見やすいメニューを作ってくださり感激。
・某歯医者さんで記入する問診票は、文字や記入欄の線が太字で弱視にも見やすいんだとか。
・サークルでいつも顔を合わせる人。会うと必ず先に私に挨拶してくれる。目が見えないとこちらからなかなか声を掛けられないので、、そんなささいなことが凄く嬉しい。
・広い道路の長い横断歩道を渡っていると突然、拡声器で、お巡りさんです。信号は青ですよ。そのまま真っすぐ、少し右、そうそうと、私を声で誘導してくれたパトカーのお巡りさんがいた。
・通勤の駅の下り階段で白杖を誰かに蹴られた拍子に、杖を落としてしまった。階段の下まで転がった杖を若いリーマンが私に届けてくれた。
・自転車に踏まれて白杖を折ってしまい途方に暮れていると、商店街の人達が集まってきて、添え木やガムテープを持ち寄って私の白杖を処置してくれた。全力でお礼を言った。
今日も町は、晴れたり曇ったり。こうした町の親切に感謝です。次回へ続く。
プロフィール

ちゃれんじぃ

Author:ちゃれんじぃ
毎日が色んなことへの挑戦だ!白杖への誤解や理解、日々のささいな出来事や感じていることを視覚障害者の視点からつぶやいています。アラヒフ世代・津軽三味線初心者・ジョギング・野球観賞・70年代フォーク&ロック・古きよき昭和をこよなく愛する全盲の伯父さんです。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR